日本の童話

オッベルと象のあらすじと教訓!悲しい時に本当は必要な事

あなたは夜の空を見上げて月や星に話しかけた事はありますか?

月をや星を眺めながら泣いたことはありますか?

人にはそんな時が必要なのです。

このオッベルと象のお話には月に話しかける白い象がでてきます。

その時、この象のどうしようもない悲しい気持ちが強く伝わってくるのです。

ではここからは、オッベルと象のあらすじです。

続きを読む

きかんしゃやえもんのあらすじと教訓!働くのが嫌ですか?

機関車

この絵本は息子がまだちゃんとしゃべれない小さな頃から大好きで、何度も読んでとせがまれた絵本です。

男の子は車などの乗り物が大好きです。

このお話はきかんしゃが主役なので、そのことも大好きな理由だったのでしょう。

でも、その事だけではないこのお話の魅力を何か感じていたのかもしれません。

それでは、ここからはきかんしゃやえもんのあらすじです。

続きを読む

おしいれのぼうけんのあらすじと教訓!子育ての明暗。

園児のくつとぼうし

この本は小学校の課題図書に指定されていました。

なので、あなたも小学校の頃に読んでことがあって、なつかしく感じるのではないでしょうか?

それと同時に今読むと、保育園でこんなことをするなんて、なんだか少しずれていると感じるかもしれません。

それでは、ここからはおしいれのぼうけんのあらすじです。

続きを読む

セロ弾きのゴーシュのあらすじと教訓!もう1つの大事な事。

チェロ

あなたは、将来こうなりたい、出来るようになりたい、と思う事はありますか?

今までに、ものすごく何かをがんばった事はありますか?

このセロ弾きのゴーシュのお話は、出来るようになるために、毎晩あるものがやって来るのです。

では、ここからは、セロ弾きのゴーシュのあらすじを見ていきます。

 

続きを読む

手袋を買いにのあらすじと教訓!自分を信じる事。

雪景色

親子にはいずれ訪れる、さびしいけどうれしい事があります。

心配したり、ホッとしたり、寂しくなったり、せいせいしたりします。

そして、最後は気が抜けてしまいます。

このお話は母さんぎつねと子ぎつねのふんわりと暖かいお話です。

ここからは、手袋を買いにのあらすじを読んでいきましょう。

続きを読む

注文の多い料理店のあらすじと教訓!ついのってしまう事。

森の館

このお話は、あまりにも有名なお話で、みんなに読まれています。

というと、「私も読まなくっちゃ。」と思う方も多いと思います。

そんな心理についても書いてあるお話です。

そして、独特の世界に入り込んで浸るのが楽しいお話です。

それでは、注文の多い料理店のあらすじから見ていきましょう。

続きを読む

ごんぎつねのあらすじと教訓!大人になって共感できる事。

子ぎつね

昔読んだ本を、もう一度読んでみると、子供の時とは違う事を感じたり、全く違う見え方になる事があります。

前に読んだ時にはわからなかった登場人物の気持ちも、そうだったのか・・と納得がいく事もよくあるのです。

ごんぎつねのお話は、子供の時小学校の教科書で読んだ方も多いと思います。

でも、大人になってもう一度読んでみると子供の時読んだ気持ちとはまた違う気持ちで読めるのではないでしょうか?

それでは、ここからは、ごんぎつねのあらすじです。

続きを読む

耳なし芳一のあらすじと教訓!人をあやつる力。

甲冑

あなたは、霊やたたりを信じますか?

人には見えるものと、見えないものがあります。

見えないものの中には、人の心や力もあげられます。

人は気がつかないうちに、見えない力であやつられている事があるのです。

耳なし芳一のお話は、他の人には見えない力であやつられる琵琶法師のお話です。

亡者が出てくる怖いお話でもあります。

では、ここからは、耳なし芳一のあらすじです。

続きを読む

走れメロスのあらすじと教訓!怒りの表情。

走る人

怒りや悲しみや悔しさをを感じる事は誰にでもあります。

でもその感情を上手に表に出すことは出来ているでしょうか?

走れメロスは教科書でも取り上げられ、よく知られているお話です。

お話の中では、メロスがとても感情豊かに書かれていて、走る間にも時々に変化する様子がよくわかります。

では、ここからは、走れメロスのあらすじを見ていく事にしましょう。

続きを読む

蜘蛛の糸のあらすじと教訓!地獄の仕組みの落とし穴。

蓮の花

地獄というのは、どんな所なのでしょう。

針の山や、血の池地獄など、本などで見たことはあっても実際に体験した人はいません。

もし体験していたとしても、忘れてしまっているのでしょう。

この蜘蛛の糸は芥川龍之介が書いた、大変有名なお話です。

子供の頃親を亡くした作者が、どういう気持ちでこの生と死のお話を書いたのでしょう。

ここからは、蜘蛛の糸のあらすじを見ていきましょう。

続きを読む