日本の昔話

ヤマタノオロチのあらすじと教訓!どこから生まれたの?

小豆

人はどこから生まれ、死んでからはどうなるのでしょう。

人を含む自然界では、大昔から繰り返している事があります。

『ヤマタノオロチ』は、命の神秘とそれぞれが考える事の重要性が含まれています。

ここからは、『ヤマタノオロチ』のあらすじから見ていきます。

続きを読む

瓜子姫のあらすじと教訓!だましの交渉術。

機

だまされやすい人はどんな人か知っていますか?

自分は絶対にだまされないと思い込んでいる人なのです。

そして、瓜子姫のような人です。

この『瓜子姫』のお話しは、交渉術と、実はわかっていないことが教訓として、含まれています。

では、『瓜子姫』のあらすじを見ていきましょう。

続きを読む

くわばらくわばらのあらすじと教訓!ちからとルール。

かみなりさん

少しくらいいいじゃないか。

これはみんなが持っている感情です。

でもそれは、犯罪の第一歩になる事かもしれません。

そして、この『くわばらくわばら』のお話しには、力のある人にこそ必要なルールに対する考え方がふくまれているのです。

それでは、『くわばらくわばら』のあらすじからみていきます。

続きを読む

のっぺらぼうのあらすじと教訓!あるはずのもの。

そば

どこかへでかけて、何かをみて、どうもしっくりこないなと思った事はないですか?

そして、人にあって、あれ?この人なんか違和感があるなと思った事はないですか?

人の脳というのは、あるはずのものがインプットされています。

この『のっぺらぼう』には、私たちの脳が、判断したものと違う物と出会うとどうなるかが、書かれています。

それでは、あらすじをみていきましょう。

続きを読む

ろくろ首のあらすじと教訓!大切な時間。

お坊さん

あなたは、毎日少しでも何もしない時間はありますか?

なにかしていないと、不安になりますか?

人には何もせず、ぼーっとする時間が必要なのです。

『ろくろ首』は自分の帰る所に帰って、リラックスすることの大切さを教えています。

それでは、ここからは、まず、『ろくろ首』のあらすじです。

続きを読む

おいてけぼりのあらすじと教訓!味方が味方でなくなる。

たぬきの看板

おいてけぼりをくらう事は、不安です。

何をするときも、出来ればひとりよりも、誰か味方がいる事は、心強いものです。

その味方であるはずの人がゾンビになっていたら、どうすればいいでしょうか?

この問題は、どこにでもあるのに、なかなか解決しにくい問題なのです。

『おいてけぼり』のお話しは、そんなとんでもない妖怪のお話しです。

それでは、ここから、『おいてけぼり』のあらすじをみていきます。

続きを読む

因幡の白兎のあらすじと教訓!誰かに認められたい。

因幡の白兎

人は、ひとりで生きて行くことは困難です。

ひとりでいいと思っていても、生活や、食べる事や、働く事で、誰かとかかわらなければなりません。

そして、社会の中で大きい場合も小さい場合も起こり得るのが、いじめです。

誰も、そんなことを望んでいないのに、なぜいじめは起こるのでしょうか?

この『因幡の白兎』のお話しは、むかしからある、いじめについて、書かれています。

それでは、ここからは『因幡の白兎』のあらすじをみていきましょう。

続きを読む

おむすびころりんのあらすじと教訓!怖い物との距離。

おにぎり

ちいさなものにはすごいパワーがあります。

ちいさいからと言って、軽く見てはいけません。

昔話としてよく知られる、『おむすびころりん』お話ですが、このお話に出てくるねずみの、こわい物への考え方がすごいのです。

では、ここからは、『おむすびころりん』のあらすじをみていきましょう。

続きを読む

金太郎のあらすじと教訓!できる金太郎の秘密。

金太郎くま

このお話の金太郎は、さすが!! な子供です。

日本の元気な子供の象徴になっているだけあります。

とても、元気で勇敢で優しい子供です。

金太郎のようになるためには、子供の時の経験が大事です。

そのおかげで、お母さんやみんなを幸せにしてあげる事ができました。

金太郎はどんな子だったのか、あらすじを見ていきましょう。

続きを読む