その他

十二支のあらすじと教訓!誰にでも出来るけど大事な事。

十二支

皆さんは人の良い所を見つけるのは得意ですか?

先日ドラマで主人公が身近な人のすごい所を100個言うというシーンがあったのですが・・・

なかなか100個もなさそうですが、言われた方は「みんなやってるから、普通だよ。」と思うような、❝朝きちんと起きられる❞とか、❝毎日歯をみがく❞事も入っていました。

でも、やってる本人は当たり前と思っている事も実はすごい事なのかもしれません。

人はどうしても悪い所ばかりに目が行きがちですが、もし皆が悪い所ばかりではなくて、本人がわかっていないような、良い所、すごい所を見つけられたら、もっとスムーズな人間関係が築けるでしょう。

この十二支のお話の神様は良い所を見つけるのが上手です。

では、ここからは十二支のあらすじを見ていきます。

続きを読む

白鳥の湖のあらすじと教訓!今昔ぶりっ子の話。

バレエ

ぶりっ子というのはもう死語なのでしょうか?

今も昔も変わらずぶりっ子は存在すると思うのですが・・・。

このお話は主役が一人二役を演じるそうです。

どうしてでしょうか?

長く演じられてきた有名なお話には何か深い意味があるのでしょう。

それでは、ここからは白鳥の湖のあらすじを見ていきましょう。

続きを読む

青い鳥のあらすじと教訓!本来の色を発揮するには?

青い鳥

「人見知り」とか「あがり症」と言うと、いい年をしてと思われますが、年々相手の思っている事を読もうとしてしまう癖がついてきて、あー相手はイライラしてるだろうなーと思うと余計に上手く動けなくなることがあります。

最近、見ていて「大変だろうな」と思う若い方がとても多くて、どうしたら長く続けたり、本来の色を発揮できるかな?と思ったりします。

さて、ここからは青い鳥のあらすじから見ていきます。

続きを読む

しろいうさぎとくろいうさぎのあらすじと教訓!尽きない心配。

タンポポ

皆さんは色々な事を心配しずぎて、疲れてしまうことはありませんか?

不思議と何かの心配をし始めると、どんどん色んな事が心配になってきてしまうのです。

ですがその心配事は、心配する事で本当に何かが解決するのでしょうか?

しろいうさぎとくろいうさぎの教訓は、どんどん増える心配事とどう向き合っていくかです。

それでは、ここからはしろいうさぎとくろいうさぎのあらすじを見ていきます。

続きを読む

くるみ割り人形のあらすじと教訓!刺激を求める反応?

くるみ割り人形

子供の時、もらったプレゼントにガッカリしたことはありませんか?

そして、子供にプレゼントを与えて、その反応にがっかりしたことはありませんか?

どうして、こんな事になってしまうのでしょうか?

そして、大人も子供も奇妙な事や不思議な事に惹かれるのはなぜでしょうか?

このくるみ割り人形はクリスマスに主人公のクララに起こった不思議なお話です。

ここからは、くるみ割り人形のあらすじを見ていきます。

続きを読む

3匹のこぶたのあらすじと教訓!自分でつかみとれ!

れんがの家

このお話を知っていますか?

「3匹のこぶたでしょ?知ってるし、わかってるよ」とか言っていると、大事な機会を逃してしまいます。

このお話には、人生をうまく渡っていくコツが詰まっているのです。

それでは、まず、『3匹のこぶた』がどんなお話だったか、見ていきましょう。

続きを読む

ちいさいおうちのあらすじと教訓!ちっぽけな自分。

富士山

私が子供の頃はまだ、土や砂利道があり、裏庭から神社に抜けると、たくさんの木があって、夏にはせみが鳴いていました。

アスファルトやコンクリートばかりだと、息がつまってしまう気がします。

でも、こどものときから、そんな都会で育つと、自然はあまり恋しくないのでしょうか?

それでも、人には生きていくのに必要なものがあります。

この『ちいさいおうち』のおはなしには、生きていくのに大事なものが書かれています。

ここからは、『ちいさいおうち』のあらすじを見ていきます。

続きを読む

ちびくろさんぼのあらすじと教訓!みんな同じ。

とら

赤や、青や、紫に緑。

この『ちびくろさんぼ』のお話は、色とりどりで、とても美しい場面が出てくるお話です。

そして、自然界では当たり前ですが、ちょっとこわいお話でもあります。

ですが、子供は、動物が出てきて、美味しい物がでてくるこのお話が大好きです。

そんな『ちびくろさんぼ』のあらすじからみていきます。

続きを読む

王様の耳はロバの耳のあらすじと教訓!自分が思う自分。

ろば

とっても素敵で、完璧!と思う人がいたとします。

でも、周りからみて、どんなに完璧な容姿をもった人でも、自分ではどこか認められない部分があるものです。

そして、その事を、コンプレックスに思っているのです。

この『王様の耳はロバの耳』は、自分を認められない王様のお話です。

それでは、ここからは、『王様の耳はロバの耳』のあらすじを見ていきます 。

続きを読む

赤ずきんのあらすじと教訓!それでも楽しい道草。

花畑

道草なんて、いつからしていないでしょう?

小学校の時以来でしょうか?

今考えると、興味のある方向へ気分でフラフラ・・・

なんて幸せだったのでしょう。

誰かが心配するかもしれない事も考えず、時間も気にせず。

ただ、この『赤ずきん』のお話しの大変な事件は、もとはと言えば、道草をしてしまった事も原因です。

道草をしなければ、こんなに大変な事態にはならなかったかもしれません。

では『赤ずきん』のあらすじからみていきます。

続きを読む