人魚姫のあらすじ教訓!なぜどんどん好きになるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海の泡

どうしても、頭から離れないCMや、ドラマの歌詞や、曲があります。

人を好きになって、頭から離れなくなるのも、そのことと同じなのかもしれません。

どうして、どんどん好きになるのか?

この人魚姫は、王子さまをどんどん好きになって、後戻りできなくなった結果・・・

ここからは、人魚姫のあらすじを見ていきます。

<スポンサーリンク>

 

人魚姫のあらすじ

 
海の深い所にお城があって、王様とおばあさまと、6人のお姫さまがいました。

末のお姫さまは、自分の花壇に大理石でできた美しい王子さまの像をおいていたのです。

そして、末のお姫さまは、15歳になって海の上に浮かびあがっていく事をそれは楽しみに待っていました。

そして、とうとう末のお姫さまが海の上に浮かび上がってよい日がきます。

すると、船ではパーティーが行われていて、そこにいた美しい王子さまを見て、人魚姫はいつまでも目がはなせません。

ところが、嵐が来て、船は真っ二つに割れて、深い海に沈んでいきました。

そして、人魚姫は、王子さまを助けるのです。

それから、嵐が去っていくのを待ち、王子さまを砂の上に寝かせ、自分は隠れてみていました。

すると、そこに若いむすめが寄って来て、すぐに助けを呼びにいき、王子さまは目を覚まします。

そして、人魚姫が助けたことも知らずに、周りのみんなに微笑むのでした。

人魚姫は悲しくなって、海の底のお城にもどります。

<スポンサーリンク>

でもすぐに我慢できなくなって、、人魚姫は毎晩王子さまを見るために陸の近くまでいくのです。

そして、王子さまを見ていると、段々人間の世界に入っていきたくなりました。

人魚姫はおばあさまに、人間になりたいと言うと、もし人間の誰かが人魚姫の事を心から愛して、誓いを立ててくれたら、人間の幸福にあずかれるという事を教えてくれました。

ですから、人魚姫は海の魔女のところへ行って、自分のしっぽを人間の足に変えてもらうことにしたのです。

魔女は、足で歩くたびに、刺すような苦しみがあること、そして二度と人魚には戻れず、もし王子さまが他の女の人と結婚するようなことがあれば、人魚姫の心臓は破裂してしまうことをつたえます。

その上、尻尾を足に変えてもらうお礼に人魚姫の大事な声を渡さなければならないといいました。

そして、人魚姫は、王子さまの御殿の近くで、魔女にもらった薬をのむのです。

気がつくと王子さまが目の前で人魚姫を見つめていました。

そして、人魚姫の尻尾はなくなっていて、人間の足に変わっていたのです。

王子さまは、人魚姫にいろいろ尋ねましたが、人魚姫は青い目で王子さまをみつめることしかできません。

王子さまは、人魚姫を、だんだん好きになり、美しい人魚姫をそばに置くことにしましたが、子供のように思っていて、お妃にしようとは思っていませんでした。

実は王子さまは、自分がおぼれた時に、一番にみつけてくれた、女性の事がわすれられなかったのです。

しかし、その女性はお寺に勤める方なので、王子さまは、その人をお妃にすることをあきらめていました。

でも、ある日、王子さまは隣の国のお姫さまに会いに行くことになりました。

王様の言いつけで、王子さまは仕方なく会いにいきますが、そのお姫さまはなんと、王子を一番にみつけた女性だったのです。

王子さまは、大喜びで、お姫さまと結婚することにします。

その夜、悲しみに暮れる人魚姫の元に、お姉さまたちがやってきて、短刀をくれました。

そして、その短刀で王子さまの心臓を刺して、その血が人魚姫の足にあたれば、元の尻尾にもどって、海の底にもどることが出来ると、教えてくれたのです。

人魚姫は、一度は思い切って王子さまを刺そうと思いますが、どうしても出来ずに海に短刀を捨てて、自分も海に身を投げてしまいました。

おしまい。
 

人魚姫の教訓

 
人魚姫の教訓は、想えば想うほど、その人の事が頭から離れなくなる。です。

実は、人間は、ある事を思い出せば思い出すほど、忘れにくくなるのです。

人は、後から考えると、「どうして、あの時はあんなにその人の事しか考えられなかったんだろう?」と不思議に思う事があります。

例えば、相手を綺麗な人だなあと思うと、その人の事を思い出すと楽しい気分になれるので、後で何度も自分の記憶から引っ張り出してその人の事を思い出します。

すると、頭が勝手にその人の記憶は必要なものだと認識して、忘れないようにしてしまうのです。

更に、楽しかったり、ドキドキした感情と共に記憶に残されるので、余計に頭から離れなくなります。

ですので、好きな人の事を考えれば考えるほど、またその時の気持ちも思い出して頭から離れなくなってしまうのです。

時々会ったり、相手の事で新しい発見があったり、関係に新しい発展がある間は、思い出すことも繰り返されるので、ますますその相手の事しか考えられなくなります。

そして、月日がたって、あまり会わなくなって、段々思い出さなくなるか、慣れてしまってドキドキしなくなる等で、その人を思い出すことがなくなるのです。

そして、後から考えるとどうしてあんなに夢中だったのだろうと、不思議に思ったりします。

記憶というのは、思い出せば思い出すほど、必要な記憶として、処理され、すぐに引き出せるようになります。

私もかつては、「考えるから好きになるのか?好きだから考えるのか?」という事をぐるぐる悩んだ事もありました。

例えば、ドラマの主題歌などは、ドラマを見ていると、印象的な場面で何度も流れるので、ドラマを見ている時の気持ちと一緒に記憶されるのです。

しかも定期的に何度も聴くので、ずっと頭に残っていたり、その音楽を聞くと、ドラマの場面まで思い出すことがあるのです。

最近では石原さとみさんのドラマの主題歌や、昔だと、木村拓哉さんの大ヒットドラマの主題歌等、ドラマが終わるころには耳について離れないくらいに覚えているのです。

そして、前奏があまりなくて、いきなり歌詞が始まる曲の方が覚えやすいし記憶しやすいのでしょう。

記憶から出して再生する時に、曲だけよりも、言葉があったほうが、記憶しやすいし、思い出しやすいのかもしれません。

ですので、聞きなれた音楽はなじみがあり、いつのまにか、好きになっていることがあるのです。

この人魚姫は庭に置いていた石像ををずっと気に入って見ていた事と、王子さまに会ってからも、その石像を、王子さまに似ていると思いながらいつも眺めていたのです。

だから、人魚姫は王子さまの記憶を何度も呼び起こすことで、どんどん王子さまことを忘れられなくなり好きになっていったのでしょう。

そして、もうひとつは、人魚姫は声があってもなくても、結局は、王子さまに自分と結婚してほしいと言えずに、同じ結果になったのではないでしょうか?

この人魚姫が、お姫さまに出会えて喜んでいる王子さまを、無理やりこちらを向かすことは出来なかったでしょう。

人魚姫は優しくて、王子さまが嫌がるような事は出来なかったのではないでしょうか?

そして、心の中では、王子さまの相手はそのお姫さましかいないとわかっていたのでしょう。
 
それから、言葉で思っていることを伝えるのは大事です。

でも、例えば、好きな人には本当に思っていることを伝えるのは難しい事が多いのです。

好きな人の前では、うまく話もできず、緊張してなかなか話が弾まなかったりするのです。

ここぞという時に全く良い受け答えが出来ない事が多いです。

自分の事を良く見せようと思っているつもりはないのですが、どうしても素の自分が出せなくて、落ち込む事があるでしょう。

そして、なかなか、好きな人には想ってもらえないのです。

一方、何とも思っていない人の前では素で話しができて、受け答えも自然で、会話が弾むのです。

なので、好きな人には想われず、何とも思っていない人から想われてしまったりすることがあるのでしょう。
 
そして、反対に、もし結ばれる運命の人であれば、言葉はいらないのかもしれません。

なんとなく、いつのまにか近くにいて、いつのまにか好きになる相手こそが、運命のひとなのかもしれないのです。

<スポンサーリンク>

 

人魚姫の原作

 
童話作家のハンス・クリスチャン・アンデルセンが、1830年代に出版した、子供のための童話集に載せられた。

アンデルセンは、自分の容姿を気にしていて、悲恋も多かったことから書かれた叶わない恋のお話だと思われる。

この人魚姫では、「人間が死んだ後の魂はお星さまの所にのぼって行く」と書いてあるのですが、マッチ売りの少女にも似た言葉があり、アンデルセンは、人が死んだ後も魂が残る事をとても望んでいたのかもしれません。

アンデルセンが生まれたデンマークには人魚姫の像がある。

たくさんの絵本やアニメの題材にもなり、子供に親しまれています。
 

まとめ

 
人魚姫のお話の教訓は、想えば想うほど、頭から離れなくなる事です。

何度も思い出すと頭が勝手にその記憶は必要なものだと認識して、忘れないようにしてしまうのです。

もし、運命の人に出会ったら、何かすぐわかる方法があれば簡単でいいなあと思います。

それとも、人生で色々なことがあってから、出会うから意味があるのでしょうか?

中には、運命の人に出会った時に後光がさして見えたりする人もあるそうですが・・・。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*