スーホの白い馬のあらすじと教訓!人間の特権とその意味。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ひつじ

動物たちは、話すことができません。

でも、沢山のすごい能力をもっています。

実は、賢く発達しすぎた人間は、生き残れないのではないかと思っています。

代わりに素朴な、動物が生き残るのではないかと・・・

ゴキブリと言う人もいますが。

それだけ、人間は進化しているようで、実は、生きる力が低くなっているのではないかと思ったりしています。

この『スーホの白い馬』は動物のまっすぐな思いが伝わるおはなしです。

そして、動物の賢さを、教えてくれるお話です。

では、あらすじからみていきます。

<スポンサーリンク>

スーホの白い馬のあらすじ

 

出会い

 
このお話は、モンゴルの馬頭琴という楽器の由来のお話です。

むかし、モンゴルに、おばあさんと2人で暮らしているスーホという羊飼いの少年がいました。

ある日、スーホは帰りに白くて小さな子馬をみつけました。

スーホは、地面で歩けなくなっていた子馬を、抱きかかえてかえってきたのでした。

そして、スーホは心をこめて子馬の世話をして、立派な馬に育ちました。

スーホの馬は、真っ白で、誰もが見とれるほど美しかったのです。

ある夜、スーホは、馬の鳴き声と、ひつじのさわぎ声で目が覚めます。

おおかみが、ひつじに飛びかかろうとしていたのを、白い馬が必死に立ちはだかって、防いでいました。

スーホは、白い馬をなでながら、「ひつじを助けてくれて、ほんとうにありがとう。」と伝えました。

<スポンサーリンク>

奪われた白い馬

 
そして、ある年の春、とのさまが町でけいばの大会を開いて、一等の者には娘と結婚させるという知らせが伝わってきます。

スーホは、仲間の羊飼いに進められて、町のけいばに出る事にしました。

そして、スーホの白い馬が一等になりました。

しかし、とのさまは、一等になったのが、貧しいひつじかいだと知ると、娘と結婚させることなど、知らないふりをします。

それどころか、銀貨を三枚やるから、白い馬を置いて帰れといい、スーホが断ると、家来たちは、スーホをなぐったり、けとばしたりしました。

そして、とのさまは、白い馬を連れていってしまいました。

友達が、スーホを家に連れて帰ってくれたので、死なずにすみます。

傷はやがて、良くなってきましたが、白い馬を奪われた悲しみは、どうしても消えなかったのです。
 

白い馬の一途な気持ち

 
さて、白い馬のお披露目の席で、とのさまが馬にまたがると、白い馬はものすごい勢いではねたのです。

それから、転げ落ちたとのさまは、逃げ出した白い馬を「弓で殺してしまえ!」と大声でどなります。

たくさんの矢が、白い馬の背中にささりますが、白い馬は、止まらずに走り続けました。

その晩、外で物音がしたので、様子を見に行ったおばあさんが、「白い馬だ!」と叫び声をあげました。

スーホは、はね起きて、行ってみると、そこにはほんとうに白い馬がいたのです。

けれども、その体には矢が何本も刺さって、汗が滝のように流れていました。

そして、ひどい傷を負いながら、大好きなスーホに会うために走ってきたのです。

スーホは、馬にささっている矢を、抜いてやります。

白い馬は弱り果てていました。

いきは、だんだんと細く小さくなり、次の日、白い馬は死んでしまいました。

スーホは悲しくて、くやしくて何日も眠る事ができません。

そして、やっと少し眠りに落ちた時に、白い馬の夢をみました。

白い馬はスーホに近づいてきて、体をすりよせました。

スーホは白い馬をなでてやりました。

そして、白い馬はスーホに話しかけました。

「そんなに悲しまないでください。私の体を使って、楽器をつくってください。」

「そうすれば、私は毎日、いつまでもあなたといっしょにいられます。」

そして、スーホは白い馬が言っていた通りに、楽器をつくりました。

これが、馬頭琴です。

スーホは、それを弾くたびに、白い馬といっしょにいるような気持になります。

それに、聞く人みんなは、こころをゆりうごかされるのでした。

おしまい。
 
白い馬

 

スーホの白い馬の教訓

 
このお話の教訓は、話せることの意味は何か?という事です。

人間だけが、コミュニケションの手段として、話すことができます。

しかし、動物たちは、話すことができません。

でも、人間とは違う形でコミニュケーションをとり、自分の生きる意味も何をすべきかもわかっているように見えます。

このお話の中では、白い馬は、おおかみから、ひつじたちを守ります。

そして、離れ離れになってしまったスーホに会いたくて、とのさまを拒否し、逃げます。

その時に、背中に矢がささり、大変なけがをしますが、それでも走り続けて、スーホに会いにいくのです。

スーホが大好きで、一緒にいたいのです。

そのためなら、自分は死ぬかもしれない事など考えないのです。

何もしゃべりませんが、大切な人への想いが、人間には出来そうにない位、まっすぐで、正直です。

死んでしまってからも、枕元に立ち、「悲しまないでください」といって飼い主をなぐさめます。

自分の事など、どうなってもいいくらいに、大切な人の事を想っているのです。

先日のことですが、私の友達が、20年も一緒にいた、ネコを亡くしました。

何年か前は、調子が悪いと言っては、夜中にニャーニャー鳴いて、飼い主を起こしに来ると言っていたのです。

でも、今回はだんだんと食べられなくなって、水とトイレに動くだけで、辛い様子はなかったようです。

そして、最後には、飼い主の所に寄って来て、静かになくなったそうです。

私はこの事を友達に聞いた時に、おもいました。

人間は話ができて、頭が良くて動物より賢いと思っているのは間違いじゃないかと。

動物は静かに自分の運命を受け入れて、亡くなっていくのです。

運命を受け入れた途端、なんと潔いのだろうと。

動物達は自然に生まれて、あるがままに生きて、やがて、死んでいくのです。

動物は何も言わないけれど、きちんと何でもわかっています。

実は、うまれたときから、何もかも、見通しているのではないでしょうか。

人間は頭が良く、色々な事を考えますし、知っています。

そして、話せることで、他人とコミニュケーションを取ったり、話合ったり、気持ちを伝えたりします。

でも、良い事ばかりではなく、愚痴をいったり、満足できずに文句を言ったり、時には、人にひどい事を言ったりもします。

何のための言葉でしょう。

そんなつまらない事のために、言葉を使わず、せっかく与えられた伝える手段を、もっと良い事に使わなければいけません。

時には、人は、言葉に頼りすぎて、相手が何を感じているかみようとしなかったり、言葉で発していることが、その人の考えている事全部だと勘違いすることが、あります。

そして、人間も、もともとは動物なのに、動物らしい、本来持っている勘のようなものが、だんだんと働かなくなっているように思います。

人は、なんのために、話せるように進化したのか、話せることの意味をもう一度、考えるべきかもしれません。

<スポンサーリンク>

スーホの白い馬の原作

 
日本人が、中国語のテキストから探して、書きだしたお話。

そのため、日本では、モンゴルの民話として知られていますが、実際にはモンゴルでは知らない人がたくさんいるようです。

小学校の教科書に採用され、子供にも親しまれている。
 

まとめ

 
この『スーホの白い馬』の教訓は、人間が話せる事の意味とは何か?です。

人は話が出来る事で、言葉に頼りすぎているのではないか?という事です。
 
私はどちらかというと、口に出すのが邪魔臭い人です。

いつも余計なことはいうのに、肝心な事を口に出さないといって、怒られます。

私ももう一度話せることの意味を考えなければなりません。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*