北風と太陽のあらすじと教訓!思い通りにならない心。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北風と太陽

強い事は良い事なのでしょうか?

強いとはいったい何なのでしょうか?

この有名な『北風と太陽』には、まず、みなさんが知っている教訓があります。

そして、他にも人と付き合う時に重要な教訓が含まれているのです。

それでは、『北風と太陽』のあらすじからみていきます。

<スポンサーリンク>

北風と太陽のあらすじ

 
昔、北風と、太陽が、おりました。

ある日、北風と太陽は、どちらの方が、力が強いか争っていました。

そして、2人は、道を歩いている人間の服を脱がしたものが、勝ちと決めたのです。

最初は北風の番です。

北風は人間めがけて、激しく吹きました。

すると、人間は、飛ばされないように、着物をしっかりとおさえたのです。

ですので、北風は着物をなんとか吹き飛ばしてやろうと、ますます、激しく吹きます。

しかし、人間は、もっと寒がって、他の着物をさらに着こみました。

とうとう、北風は疲れ切ってしまいます。

次は太陽の番です。

太陽は、はじめにじわじわとてらします。

すると、人間は、着物を脱いだのです。

そして、太陽は、もっと強くてらします。

人間は、とうとうその熱さに我慢が出来なくなりました。

だから、着物を脱ぐと、川に入って泳ぎだします。

おしまい。

さて、この有名なお話の教訓は?

<スポンサーリンク>

北風と太陽の教訓

 
この『北風と太陽』の、教訓は、無理やり人の心をを動かす事はは出来ない。という事です。

「人の気持ちは思い通りにはならない。」です。

このお話の中では、北風が無理やり、風で着物を脱がそうとしますが、できませんでした。

実はこれは私の母が私に言ってくれた言葉なのです。

私の母親は、子供っぽくて、どこか頼りない人です。

でも、時々ですが、フーン・・と思う一言をくれました。

その、数少ない、私へのアドバイスのひとつが、「人の気持ちは思い通りにはならない。」です。

高校生位の時だったか、、私が好きな人の気持ちを、なんとか、こちらに向けようとしていたときです。

でも、なかなか、相手にしてもらえなかったのです。

そんな時に、母親が私に言った言葉でした。

それまで、母と恋愛の話はしたことは一度もありませんでした。

母の目には私が他の物が見えなくなって、意地になっているのが、よくみえたのでしょう。

このことは、落ち着いて考えてみると、当たり前な事なのです。

もし、例えば、他に好きな人がいる人と、無理やりなんとか付き合う所まで、もって行ったとします。

でも、本当に、気持ちをこちらに向かすのは、なかなか難しい事でしょう。

気持ちを決定的に動かす何かがないと、難しい事です。

例えば、部下に、モチベーションを上げて仕事で良い結果を出してほしいとします。

外側から、数値の目標を押し付けたり、ボーナスで釣ったりした所で、本人がやる気がなければ、無理やりやらしているだけなのです。

気持ちは本人がそう思わない限り変わらないのです。

例えば、子供に良い学校に行ってほしくて、高いお金を出し、良い塾に通わせます。

でも、本人がやる気がなければ、あまり、効果はでないでしょう。
 

 
そして、もうひとつは、本当の強いとはなんなのでしょう?という事です。

強いの意味は色々あります。

体が健康で強い。

心がぐらつきにくく、思ったことを成し遂げる、意志が強い。

力が強い。

けんかが強い。

このお話では。北風と太陽は、どっちが力が強いかという事で争っていたのです。

そして、人間の着物を脱がした者が勝ちという、自分たちのルールで、勝敗を決めます。

でも、いったい、強いとは何なのでしょうか?

わたしの息子は小さいときに何か新しい物(例えば、アニメのキャラクターや動物や車の種類)を知った時に、「それは、強いの?」と私に聞いてきました。

そして、自分の知っている何かと比べて「どっちが強いの?」と聞きました。

小さい子供(男の子?)には、強い事が、一番わかりやすく、❝良い事❞だったようです。

そのものが強いか弱いかなんて、考えた事もない私は、「これは、角みたいなのがあって、かっこいいよね。」とか、「この子は、目がくりくり丸くてかわいいよね。」とかしか、答えようがありませんでした。

それから、少し大きくなると、段々前ほど、強い弱いにこだわらなくなってきましたが、時々強い事がかっこいいなどと言い出しはじめるのです。

なので、そのたびに、「弱い立場の人にやさしくできる人が、強い人だよ。」と言ってきました。

息子が、その言葉をどう思っていたのか、意味がわかっていたのかは、聞いたことがないので、わかりません。

さて、このお話の原作は、どんなものだったのでしょうか。

<スポンサーリンク>

北風と太陽の原作

 
「寓話の父」と言われる、ギリシャのアイソーポスに作られたお話と言われている。

しかし、まだ、正しい歴史の記録のなかった時代で、ギリシャの奴隷だと言われているアイソーポスは実在の人物だったかどうかはわかっていないのです。

寓話とは、登場人物を動物や、物にして擬人化して、教訓を含ませるお話のことです。
 

まとめ

 
『北風と太陽』の教訓は、無理やり人の心を動かすことは出来ないということです。

そして、「人の気持ちは思い通りにはならない。」という、この言葉は、その後の恋愛や、人付き合いにつまずいた時に、ひょっこりと私の記憶の中から出てきます。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ムーミンパパ より:

    60歳を過ぎ、やっと北風と太陽の本当の意味が理解で来ました。少し遅過ぎましたね。

    1. nao.akisame19 より:

      コメントありがとうございます^^
      読んでいただき、何かを思って頂けたなら、書いてよかったです。
      ありがとうございます。
      私は、まだまだわからない事が沢山あって、日々発見です。

コメントを残す

*