マッチ売りの少女のあらすじと教訓!幸せの基準。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マッチ売りの少女

世の中は日々便利になります。

携帯電話や、パソコンや、早ければ当日に到着する宅配便などもそうです。

でも、それらも手に入れてしまえば、ただの当たり前になってしまいます。

人はどこまで求め続けるのでしょうか?

『マッチ売りの少女』のお話は幸せと豊かさについて、教えてくれています。

それではあらすじから読んでいきましょう。

<スポンサーリンク>

マッチ売りの少女のあらすじ

 

かわいそうな女の子

 
雪が降っていて大変寒い大晦日に、一人のみすぼらしい少女が、裸足で通りを歩いていました。

今日は一日中誰もマッチを買ってくれませんでした。

少女は、お腹がすいている上に、寒さに震えながら歩きます。
 
たくさんある窓から明かりがさしてきて、ガチョウが焼ける良いにおいが漂ってきたのです。

少女は家と家との間の、へこんだところにうずくまりました。

でも、やっぱり、寒くなるばかりでした。

そして、それでも少女は、家に帰ろうとしませんでした。

それは、マッチがちっとも売れなくてお金を一文ももらっていないので、きっとお父さんにぶたれるからです。

<スポンサーリンク>

炎のあたたかさ

 
少女の手は寒さでもうほとんど何も感じません。

そこで、少女は一本のマッチを壁にこすります。

そして、少女はその周りに手をかざします。

少女にはまるで、ストーブの前にいるようにかんじられました。

それから少女は足もあたためようと、そっと伸ばします。

すると、そのとたんに、炎は消えてストーブもきえてしまったのです。

そして、新しいマッチをこすりました。

少女が壁を照らしてみると、壁が透き通り、テーブルの上には、焼きガチョウが湯気を立てているのです。

しかし、その瞬間、マッチが消えてしまい、冷たい壁に戻ってしまいました。

少女は新しいマッチを燃やします。

すると今度は、とてもきれいなクリスマスツリーの下に座っていました。

たくさんのろうそくが緑の枝の上で燃えています。

なので、少女は思わず、手を伸ばしますと、マッチの火は消えてしまいました。

そして、たくさんのクリスマスツリーのろうそくのあかりは、高く昇ってゆきます。

それから、そのあかりのひとつが飛んで行って、長い光の線を引きました。

「誰かがなくなるのね。」と少女は言います。

なぜかと言うと、もうずっと前になくなった、少女のおばあさんが、星が落ちると、誰かの魂が神様のところへめされるんだよと教えてくれたのです。
 

優しいおばあさん

 
少女はまた、マッチをこすります。

そうすると、周りがぱあっと明るくなり、その光の中に、おばあさんが立っているではありませんか!

「おばあさん!」と少女はさけびました。

そして、「わたしを連れて行ってちょうだい!」と言って残りのマッチを全部こすりました。

それは、おばあさんを引き留めておくためです。

そうすると、おばあさんは少女を腕に抱きあげ、2人はしあわせな光に包まれて、高く高く昇っていったのです。

少女はもう、寒いことも、お腹がすくこともありません。

あくる朝、小さな少女が、死んでうずくまっていたのです。

しかし、その口元には微笑みを浮かべていました。

おしまい。

よく知られるお話ですが、作者は何を伝えたかったのでしょうか?
 

マッチ売りの少女の教訓

 
『マッチ売りの少女』の教訓は幸せの基準は人それぞれである。ということです。

この少女は周りから見ると、不幸なように思うのですが、本人はそんな風には思っていなかったのかもしれません。

お話の中では、少女は大みそかのとても寒い日に、マッチを売りに行かされます。

そして、マッチも全く売れず、そのまま帰れば、父親にぶたれるのです。

それに、家に帰っても貧乏で、寒くて、ご馳走も何もなく、がちょうなど、食べたこともありません。

それから今まさに、凍えて死にそうになっています。

それでも、このお話の作者は、少女はおばあさんが迎えに来てくれて、もう食事の心配や、寒さの心配や、父親にぶたれる心配をしなくてよくなった。と書いています。

この少女は自分の境遇をうらんだりせず、ご馳走やきれいな物にあこがれるだけで、不平等言わなかったのです。

反対に、はたから見ると充分に幸せなのに、本人は不幸だと言う人もいます。

もちろん、精神的なことか、物質的なことか、人によって、求める幸せは違います。

例えば、私の知り合いに東南アジアの方がいるのですが、日本から自分の国に仕送りをしながら働いていて、確か2,3年で、自分の国に大きな家が建ったそうです。

そして、大変田舎なので、畑で日々食べる物を作り、時々働けば、その国でいう標準の生活はできるそうです。

その地域の人たちはその生活が幸せだと考えられます。

もしかしたら、私たちの生活よりも、その地域の人のほうが、豊かで幸せなのかもしれない。と思ったことがありました。

便利になればなるほど、便利が当たり前になって、その便利を手に入れるために日々働くのは、本当に豊かで幸せなのでしょうか?

何が幸せか、何が豊かかという基準は人それぞれで、周りの人が見て、決められる事ではないけれども、もう一度幸せや豊かさについて、考えてみなければ、いけないかもしれません。
 

 

マッチ売りの少女の原作

 
デンマークの童話作家=ハンス・クリスチャン・アンデルセンの創作童話です。

靴職人の父親は早くに亡くなり、貧しい子供時代をすごしたのです。

そのため、初期の作品には、貧困をあつかった物語が多くあります。

若いときから物を考え、想像するのが好きで、詩人でもありました。

このお話の少女はアンデルセンの母親を元にして、書いたという説もあります。

<スポンサーリンク>

 

まとめ

 
『マッチ売りの少女』の教訓は、幸せの基準は人それぞれで、周りの人が決められることではない。という事でした。

私は、今の便利な生活は、もちろん捨てることは難しいです。

けれども、昔の不便でのんびりも懐かしくていいなあと最近よく思います。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*