こびとのくつやのあらすじと教訓!何かをもらったら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
靴

悩んで悩んで苦しんでいたことが、ある朝起きてみるとすっかり解決されていたら、どんなに良いでしょう。

このくつやのこびとのお話はそんなうらやましいお話です。

そして、社会で生きていくために、私たちの中にすでに植え付けられているある事についても書かれています。

それではここからは、こびとのくつやのあらすじから見ていきましょう。

<スポンサーリンク>

 

こびとのくつやのあらすじ

 
むかし、毎日働いているのに段々と貧乏になってきた靴屋がいました。

そして、とうとう残っているのは、くつ一足分の皮だけになってしまいました。

その日の夕方くつやはその皮をきれいにくつの形に切ったのです。

それから、あとは神様におまかせして、ベッドに入り、ぐっすり眠りました。

あくる朝、くつやが仕事にかかろうとすると、なんと出来上がったくつが仕事台の上にあったのです。

そのくつはとてもきれいに仕立ててありました。

そうすると、すぐにお客が入って来て、その靴をたくさんのお金で買ってくれたのです。

そのお金でくつやは2足分の皮を買う事ができます。

<スポンサーリンク>

それから、その夜、皮を切って置いておきました。

ところがくつやが朝起きてみると、もうくつは出来上がっていたのです。

するとまた、お客が2人やって来て、お金をたくさん払ってくつを買ってくれました。

ですので、くつやは4足分の皮を買えたのです。

その上、また次の朝にはくつが出来上がっていました。

そしてそんなことが長い間続き、くつやは少しづつお金持ちになったのです。

クリスマス近くになったある日、靴屋の夫婦はいったい誰が手助けをしてくれているのか、夜中に起きていて見る事にしたのです。

すると、夜中になると、かわいらしい2人の小人がやって来ました。

その小人たちは何も着ていません。

そして、小人たちはくつが出来上がるまでは休みもせず、器用に縫ったりたたいたりしたのです。

ですから、夫婦は自分たちをお金持ちにしてくれたお礼に、小人たちの服と靴を作ってあげることにします。

そして、その晩贈り物が出来上がると、仕事台の上に置いておきました。

すると、夜中になってやって来た小人たちは置いてあったきれいな服や靴を身に着けると、うれしそうに歌いだしました。

「どうだ!おいらたちは素敵だろ!これじゃ、くつやなんかやってられるもんか!」

それから、小人たちは踊りながら出て行ってしまいます。

その後、小人たちは二度とやってきませんでした。

ですが、くつやはそれからは一生はんじょうしてお金に困る事はなかったのです。

おしまい。
靴職人
 

こびとのくつやの教訓

 
このお話の教訓は、与えられたことは、お返ししたくなることです。

昔はこのお話を読んでもらった子供は、翌朝に靴が出来上がっている所を読むと、うれしそうな顔をしたそうです。

でも、今の子供たちは靴が出来上がった場面ではあまり反応しないのです。

どちらかというと、最後に小人が靴や服をもらって喜んでいる場面でにっこり明るくなりました。

どうしてなのかなあ?と思ったのですが、子供達も、与えてもらったら、お返しをしないと気持ちが悪いのではないのでしょうか?

もらったら返すというルールは社会がうまくまわっていく為にとても大事なので、私たちは子供の頃から教えられています。

ですので、今ではとても小さい子供でも、このルールに反応するのです。

みなさんも何かもらうと、お返しをしないと気持ちが悪いのではないのでしょうか?

例えば食料品店の試食コーナーなどは、『食べてもらって味が美味しければ買って下さい。』という目的ももちろんあります。

でもその目的に加えて、もらったら買ってあげようと思うお返しの心理も利用して、売り上げをあげるために設置されているのです。

例えばサービス業もそういう面があります。

店員は商品を細かく説明して紹介し、商品の良さを知って買っていただくのが仕事です。

でも、お客様の中にはその店員がていねいに説明をして接客してくれたから、ここで買い物をしようと思って買ってくれる方もいるでしょう。

ここでもお客様は受けたサービスに購入するという事で返すという心理が働いているのかもしれません。

ですから、サービスはお返しの心理をうまく利用した方法といえます。

私たちには子供の頃から、誰かに何かもらったら、お返しをしなければいけないという気持ちが植え付けられているのでしょう。
 
そして、もう一つの教訓は、ハングリー精神はどこからやってくるのかという事です。

ハングリー精神というのは今満たされていないから、満たされるように求め続けてひたすら頑張るという事です。

くつやはそれまでにもなまけることなく働いていましたが、うまくいかず貧乏でした。

働いても働いても貧乏だと、人は働きたくなくなります。

今の時代はまさに働いても働いても何も楽にならないという状況がたくさんあります。

でも、働かないと、日々のご飯も食べられないのです。

いったい何を目的に働いていけばいいのでしょうか?

頑張っても無駄だっと思ってしまうと、がんばれなくなってしまいます。

何か目標があって、そこに向かって前進していると思えるからこそ、目標に向かって頑張れるのです。

このお話の中の小人は世の中の人達みんなの希望の固まりなのでしょうか?

ある日突然、今の生活からの打開策がやって来て、一晩で解決してくれたらどんなに良いでしょう。

そのある日のために、私たちは毎日真面目にがんばって働かなくてはいけないのでしょうか?

<スポンサーリンク>

 

こびとのくつやの原作

 

ヤーコプとヴィルヘルムというグリム兄弟が変遷した『子供と家庭のメルヘン』に載せられた。

『子供と家庭のメルヘン』は『グリム童話集』として知られていて、ドイツの昔話集です。

ヨーロッパの昔話には小人が人の手助けをしたり、反対に悪さをしたりします。

 

まとめ

 
このお話の教訓は、与えられたことは、お返ししたくなることです。

そして、もう一つはハングリー精神はどこからやってくるのかという事です。

私がこのお話を読んで一番ほっとしたのは、くつが高い値段で売れた場面でした。

そして、私のところにも良い小人がやって来てくれればいいなあと思う毎日です。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*