蜘蛛の糸のあらすじと教訓!地獄の仕組みの落とし穴。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
蓮の花

地獄というのは、どんな所なのでしょう。

針の山や、血の池地獄など、本などで見たことはあっても実際に体験した人はいません。

もし体験していたとしても、忘れてしまっているのでしょう。

この蜘蛛の糸は芥川龍之介が書いた、大変有名なお話です。

子供の頃親を亡くした作者が、どういう気持ちでこの生と死のお話を書いたのでしょう。

ここからは、蜘蛛の糸のあらすじを見ていきましょう。

<スポンサーリンク>

 

蜘蛛の糸のあらすじ

 
ある日、おしゃか様は極楽の池のふちをひとりで散歩していました。

辺りははすの花の何とも良いにおいが漂っています。

そして、おしゃか様ははすの葉の間から、下の様子を見てみました。

そうすると、三途の川や、はりの山がある地獄の様子が、はっきりと見えたのです。

その中に、他の罪人と一緒に血の池でうごめいているカンダタという男が見えました。

このカンダタという男は、人を殺したりした大泥棒です。

でもカンダタは生きている間に一つだけ良い事をしたのです。

それは、林の中で出会ったクモを一度は踏みつぶそうとしましたが、「こんな小さな命をむやみに奪うのは、あまりにかわいそうだ。」
とクモを助けてあげたのでした。

<スポンサーリンク>

ですのでおしゃか様は、「できることなら、地獄からすくってやろう。」と思ったのです。

そして、近くにいた蜘蛛の糸を、はすの間からまっすぐに下へ降ろしました。

地獄では、罪人たちが様々な責め苦にあって、もう泣き声を出す力もなく、もがき苦しんでいます。

その中で、カンダタはふと血の池の空をながめますと、天井から細い銀色のクモの糸が、ひとすじ光りながら目の前におりて来ました。

ですから、大喜びでくもの糸をつかみ、一生懸命に上へ上へと登ります。

でも、地獄と極楽の間はとてつもない距離がありますから、簡単には上にたどりつけません。

なので、登りつかれたカンダタは途中で一休みして、はるか下の地獄の方を見下ろしました。

すると、血の池も、はりの山もぼやけて見えない程登っていたのです。

カンダタはこのまま登ると、地獄から抜け出せると思い、「しめた!」と笑いました。

ところが、ふと気がつくと、ものすごい数の罪人たちが、蜘蛛の糸を伝ってよじ登って来るのが見えたのです。

カンダタは、自分だけでも切れそうなこの蜘蛛の糸が、たくさんの罪人の重さで切れてしまうかもしれないと考えました。

そこで、カンダタは下に向かって大きな声で「罪人ども!この蜘蛛の糸はおれの物だぞ!降りろ降りろ!」といいます。

そのとたん、今まで何ともなかった蜘蛛の糸が急にカンダタのつかまっている所から、プッツリと切れてしまったのです。

ですから、カンダタも他の罪人も、くるくる周りながら闇の底へ落ちていってしまいました。

この様子をおしゃか様はじっと見ていましたが、カンダタが血の池の底に沈むのをみて、かなしそうな顔をします。

そして、またぶらぶらと行ってしまいました。

蜘蛛の糸
 

蜘蛛の糸の教訓

 
一度、仕組みを作ってしまうと、簡単には変更できないという事です。

このお話の中では、死んだ人を天国と地獄に分けるという制度があって、分けられて苦しんでいる人の様子をおしゃか様が見ているのです。

地獄に落ちる人とそうでない人の区別ははっきりしていなくて、たまたまカンダタは蜘蛛を助けた事があったので、助かるチャンスが与えられます。

もしかしたら、おしゃか様が気づいていないだけで、良い事をした人が他にもいるかもしれません。

そして、何も悪い事をしていないように見えていても、実際には誰かが亡くなるきっかけを作ってしまった人もいるかもしれないのです。

どこからが罪でどこからが罪にはならないか。

いったい、どの程度の悪い事をすれば、地獄に落ちるのでしょうか?

例えば、人は生きる為に動物を殺して食べているが、生きる為だったら殺しても罪にはならないのか?

そうすると、生きる為に泥棒をしたとしても罪にはならないのでしょうか?

それに本人の罪の意識がある人とない人がいて、悪い事をしたことがあるが、その後後悔して真面目に人生を送った人もいます。

天国に行く人と地獄に行く人の分け方がきっちりと決まっていないのです。

制度というのは、作るときには問題ないように思われても実際に使っていくと、どこか抜け落ちてしまっていたりします。

まして、一方的な都合やその時の問題を解決するために、作った制度は抜け落ちている所がたくさんあるかもしれません。

そして、作った人は、上から眺めるのです。

それから、ここが違ったなあ、あそこが間違ってたなあと思うのですが、後の祭りで一度作ってしまった制度は作った本人たちにも簡単には変える事ができません。

そして、下の地獄で苦しんでいる人は、ずっと苦しみ続けて、上に上がってくることは出来ないという事を表しているのでしょう。

下の世界で苦しんでいるお金のない人は、その日をなんとか暮らしていくのが精いっぱいで、時間も気持ちも余裕がないので、何か考えたり試したりすることは難しいのです。

自分たちに都合のいい制度を作る人達と、その制度に従わなければならなくて下の世界で貧困で苦しんでいる人は、入れ替わる事は難しいという事なのかもしれません。

それから、地獄という発想は何の為にあるのか?という事です。

生きている時に悪い事をすると、地獄に落ちるので、悪い事をしないようにしましょうという戒めの為でしょうか?

それとも、悪い事をしなければ、天国に行けますよという安心が欲しくて考えられたのでしょうか?

地獄や天国が、死という物がどういうものかという不安から作られたとすると、もう少し明るい方が、不安は少なくなるのではないのでしょうか?

例えば、ディズニー映画の『リメンバー・ミー』では、メキシコで考えられている死後の世界が描かれています。

死者の日に、祭壇に写真が飾られている人は、生きている人の世界に帰れます。

でも、生きている人の記憶にその人がいなくなってしまうと、死者の国からも消えてしまうのです。

死者の国はなんだかのんびりしていて、楽しそうに私には思えました。

<スポンサーリンク>

 

蜘蛛の糸の原作

 
芥川龍之介が1918年に文芸雑誌『赤い鳥』の中で発表された。

もとの題材はアメリカの作家の『カルマ』という作品であると言われている。

芥川龍之介は母親が心の病になったために、母親方の親戚に育てられています。

母親は龍之介が11歳の時に亡くなってしまいます。

まとめ

 
このお話の教訓は、仕組みや法律は一度作ってしまうと、簡単には内容を変更できないという事です。

そして、下の世界にいるものは簡単には上の世界には行けないという事です。

このお話をよむと思うのですが、もしかしたら私たちの世界をじっとどこかで見ている人がいて、まるでペットを飼っているみたいに・・・。

時々のぞいては、どうなったかなあ、あそこは火山が噴火したんだ。とか、海がここまで広がったんだな。とか外から誰かがみているのかもしれません。

私たちがちょっとしたことで、喜んだり、悲しんだりしているのは見ている人にとっては、全然大したことではないのです。

プレゼントに『宇宙観察セット(銀河系も含む)』はどうでしょう。

子供さんに大変喜ばれますよ・・・という風な。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*